2005年 まだまだ暑いぞスペシャル
ハイドランジャー
(フルハル&洋上コンパチモデル)
展示台つき


水ものを載せる今年最後のチャンスです。
まだまだ暑いのでウルトラセブンのハイドランジャーを作りました。
実際(?)のハイドランジャーとはカラーリングが違います。
本当は側面上半分が白いんですが、あの浮いてる感が嫌いなので普通の潜水艦っぽく上下2色にしています。
(本物の潜水艦は黒1色なんだけど)
今回は通常の全体モデルと底の平らな洋上モデルのどちらも組めるようにしました。(選択式です)
また、通常モデルは当然立ちませんので台付きです。

一応サイズはノンスケールですが、全長が23cmくらいなので、約1/208みたいです。



パーツ説明
A1L:船体左
A1R:船体右
A2L:胴体前部1左
A2R:胴体前部1右
A3L:胴体前部2左
A3R:胴体前部2右
A4 :胴体中央
A5 :甲板
A6 :船体後部
A7 :船体後部上面
A8L:胴体後部左
A8R:胴体後部右
B1L:艦橋左
B1R:艦橋右
B2L:コクピット後左
B2R:コクピット後右
B3L:コクピット前左
B3L:コクピット前右
B4L:艦橋前部左
B4R:艦橋前部右
B5L:艦橋後部左
B5R:艦橋後部右

C1 :後部フィン左右
C2 :後部フィン上
C3 :後部フィン下
C4 :ミサイル管

完成サイズ
高さ:約40mm
長さ:約230mm
 幅:約30mm

実は展示台が無くても立つのですが、軽いので転がるため、余白で作りました。
一応凹の広い方が後ろ、狭い方が前なんですが、どっちも底面に合っていません(笑)

※基本的に濃い線は切断線、点線は折り線、白い辺はのりしろです。
※組み立ての画像のものは試作品のため、マーキングがずれていたり、のりしろの形が違ったりしています。
!!! のりしろの無い隙間は木工ボンドで埋めるなど各自で調整してください !!!


※この組立順が必ず正しいとは限りません。
 特に甲板と艦橋下の部分の接合が大変難しいので、前部から順番に作っていってもいいかと思います。
 この組み立て説明は部品を合わせる部分の説明程度に考えてください!

台座 胴体前部1 胴体前部2 甲板
組立中も倒れないように先に台を作っておきます。プレートは自由に貼って下さい。凹面の広い方が後ろです。
胴体の前端の膨らみ始めを接着します。左右同じように作ります。色で左右を区別してください。
前端の続きを接着します。のりしろは大きめに取っていますので、はみ出しは乾燥後に切ってください、
甲板部を貼り付けます。この時点では直線部分のみ接着して下さい。左右のズレに注意してください。
艦橋部 艦橋前面 前面接着 コクピット部(凹) 艦橋後部 後部接着
艦橋の左右を貼り付けます。前端は少しだけ下がります。のりしろは全部内側に折っておいてください。
艦橋前部の左右を張り合わせます。全体に言えますが全ての折れ線はあらかじめ折り癖をつけておいて下さい。
前面を貼り付けます。左右の端と中央の上部でのりづけして下さい。コクピット部は内側に折り込んでおきます。
コクピット部は先に2を貼ってから3を貼ります。前側がB3LR、後ろ側がB2LRです。左右間違えないで下さい。
艦橋後部を左右張り合わせます。広がっている面が下側になります。内側に折り曲がるよう接着して下さい。
後部を張り合わせます。上側を貼ってから下を貼るほうが貼りやすいです。下側は丸くなります。
本体後部 後部接着 後部上面接着 艦橋接着1 艦橋接着2 胴体後部接着
本体の後端を作ります。折り線通り折って丸めます。後端はすぼまって穴が開いている状態です。
後端を胴体中央部とくっつけます。底の形を合わせてくっつけて下さい。少し上に反り気味になります。
後端の上面を貼ります。後端のラインから少し上に上がるラインになります。のりしろは上向きに折って下さい。
艦橋を本体に接着します。片側ずつくっつけて下さい。後部は接着しなくても隙間は無いようにしています。
これは艦橋後部下を接着していない状態です。隙間が無ければ無理に接着しなくても結構です。
胴体と甲板部の接合部分を接着します。左右で形が似てますが正しくないとラインが合いません。
甲板接着 艦首接着 武器接着 フィン接着
甲板を胴体に接着します。甲板後部が大変難しいところです。艦橋前部下側は接着しなくても大丈夫です。
艦首と艦首底を接着します。底の部分は一旦下に折り返して作業した方が邪魔にならず接着しやすいです。
ミサイル発射菅は筒状にして艦首上部に貼り付けます。合わせ目は下の方にして下さい。細いので難しいです。
後部のフィンを二つ折りで接着して貼ります。のりしろはありませんが厚みで接着できます。上下左右4枚です。

完成
洋上モデルを作るときは赤い部分を切り離して、艦底を使ってください。
私は作っていないのでうまくいくはわかりません(笑)サイズは合っています。



今回の反省点
のりしろが白いので、曲がり角や接着の隙間から白色が見えて目立ちすぎました。
完成後は要「色挿し」です。
(私の場合はグレーのサインペンでしました)


実物大展開図です。
これをコピペするなりして取り込んでプリントしてください。



inserted by FC2 system